次へ
トドマツの葉が熱い!

しりべし発「青の木育」〜partT解説編〜

「めんこい会」の木育活動 前へ
 

 

 

トドマツの葉が熱い!

トドマツの葉が熱い!トドマツは北海道の代表的な造林樹種で、マツ科モミ属の常緑針葉樹であることから、クリスマスツリーにも使われる木である。これまで木材の利用はされてきているが、枝葉の利用となるとなかなか進んでいなかった。というのも、まとまった量を運搬できる幹部と違い、枝葉はかさばる上に不純物も多く、利用できる状態にするまで膨大なコストがかかる。トドマツに限らず、枝葉は未利用のバイオマス資源と言われながらも放置されていたのが現状だった。

2

 


そこで、運搬コストに見合うだけの高付加価値を見いだして商品化されたのが、今年からエステー株式会社が発売を始めた「クリアフォレスト」商品だ。トドマツの葉には空気の浄化や抗酸化作用を発揮する成分が、他の樹種に比べて多く含まれることがわかってきた。また、トドマツの葉から効率よく精油成分を抽出する方法も開発された。エステー及び地元企業が連携して、釧路地域でトドマツの葉を集約し加工する仕組みが整い、市場で勝負できる製品となったのだ。

最近、商品化されたのは車内に設置して使うタイプのもの。プッシュすると車内にトドマツの香りが広がり、空気を浄化してくれる。さて、この香りには森林浴で得られるリラックス効果もあるはずなのだが、個人的には木の香り=仕事の香り。リラックスよりは身が引き締まるのはどうにも変えられないようである。

 

釧路総合振興局
根井三貴