使い続けるもの

旧東裏小学校にカフェがオープン!

『木の砂場』に安住の地が! 前へ
 

 

 

旧東裏小学校にカフェがオープン!?

家具工房旅する木のある、石狩郡当別町の旧東裏小学校にカフェがオープンしました、その名も『cafe工房そよ風とつむじ風』。

カフェのある職員室に入ると、木の家具がい〜っぱい。テーブル、椅子、キッチン、全てを旅する木が製作しました。そして、黒板にはなんと、閉校した平成20年3月の予定表がそのまま残されているのです。

 

『cafe工房 そよ風とつむじ風』では、卵・乳製品・白砂糖を使わず、身体に”うれしい おいしい”ケーキなどをご提供しています。卵・乳製品・白砂糖を使わずに、ケーキなんて作れるの?作れるんです。身体にも心にも優しい美味しさなんですよ。どうして卵・乳製品・白砂糖を使わないケーキにこだわるの?

以下カフェを経営する妻の言葉より
++++++++++++++++++++++++++++++

「私は以前から、食と健康はとても関わりが深いと思っています。
娘が生まれた時にアトピーで食事を気をつけ始め、改善されたことや、よそのお宅にお泊まりして来た時や、外食してお肉や油っこいもの甘いものを食べた時など、てきめんにクシャミや鼻詰まりがおきることなど。息子は息子で、食べ過ぎたり、油っこいものや甘いものを食べると、これまたてきめんで、お腹をこわしたり、鼻水・鼻詰まりがひどくなって、中耳炎を起こしたり。
そうやって色々経験をして、自分でも食事に気をつけているうちに、私自身も食事によって体の変化があることを、とても敏感に感じるようになりました。私も子供たちと同じで、てきめんに症状が出るんです。 そして、息子は家族一、食事に気を使っている(使わされている)ので、体に良い食事の効果は絶大だし、もともと胃腸が弱く、ちょっと油断をするとすぐ症状が現れるので、それだけ食事というものは、体と密接で大切なものだと、切に感じています。

 

日頃、そんな生活をおくっていて世の中を見渡すと、食が本当におかしくなっていると思います。食もそうですが、子育てをしていて、最も心配なのが、子供たちのおやつです。娘の友達を見ていても、スナック菓子を毎日一袋ずつ食べている子!いつも口の中には、アメやガムの子!お砂糖いっぱいのクッキーやチョコレートやジュース。添加物害、白砂糖害‥etc。
食べないにこしたことはないけれど、おやつの楽しさ美味しさも、子供たちには嬉しいことだし、大事だし。そこで、なるべく体に負担をかけない、卵・乳製品・白砂糖を使わない”身体にうれしい・おいしいおやつ”を、作ることに目覚めました。 そして、我が家の子供たちだけでなく、すべての子供たちに、子供たちだけでなく、大人の方々にも、”身体にうれしい・ おいしいお菓子”を食べていただけたら、と、思っています。そんなお菓子に慣れていない方も、素材そのものの美味しさや、自然の甘みの素朴な美味しさに、きっと心も体も嬉しさを感じていただけると思います。 みんなが健康で、にこにこ楽しい毎日が過ごせますように、願いをこめて。」

++++++++++++++++++++++++++++++

 

”cafe工房”という名前の通り、ひとつひとつ心を込めた手作りで、体に優しくて美味しいお菓子や料理を、これまた心を込めて丁寧に作られた家具たちに触れながらお楽しみ下さい。心から癒され、優しい気持ちになれると思います。

家具工房 旅する木 須田 修司
http://tabisuruki.com/