大きな木の魅力

育て!木育 (2)

育て!木育 (1) 前へ
 

 

 

大きな木の魅力

名古屋
(熱田神宮 クスノキ)

この半年ほど、全国各地を訪ねる機会が多くありました。
その中で半日ほど自由時間をとって、その土地の「大きな木」に会うのが楽しみになっています。わざわざ有名な巨樹・巨木を観に行くのではなくても、その地域の神社や並木を歩いてみると・・・太い幹と空に向かって大きく広がる枝を見つけることができます。
近くに寄って幹を観ると、その大きな木が長い時間を過ごしてきたことが、ゴツゴツした樹皮やまわりの植物、苔の付き方からわかります。木は自分で育つ場所を選ぶことも、そこから動くこともできません。
だからでしょうか?大きな木の長い時間を想いながら木の下にいると、木が話しかけてくるような不思議な感覚があります。
きっと大昔の人たちは、いつもゆっくり木の言葉を聞きながら暮らしていたのでしょう。

北海道
(津別町 ミズナラ)

私は木でモノを作る仕事をはじめてから35年ほど。若い頃は木材としての木に興味があって木目や感触が好きでしたが、今はどちらにも魅了されています。きっと知らないうちに木育されていたのですね。
「今の私たちは、せっかち過ぎる」と思いながらも、デジカメで写真を撮ったり、葉っぱや木の実から樹種を調べたりしています。

東京
(氷川神社 イチョウ)

大きな木の魅力はやはり木のそばで空を見上げ、木とおなじ空気を吸うことです。機会があればぜひ近くの大きな木に会いに行ってください!


KEM工房 煙山泰子