次へ次へ
「木育で生物多様性を保全せよ!」3
根井さんの「もくいく育児日記」29

「木育で生物多様性を保全せよ!」2

前へ
 

 


 

 

根井さんの「もくいく育児日記」29
              〜パン工場がやってきた!

アンパンマンは絶対だ。子どもが喜ぶからと、あっという間にぬいぐるみやおもちゃも増え、自分で靴下を選んでくれば必ずアンパンマンにするくらいお気に入り。積み木をするときは「パン工場を作って」というのが決まり文句だ。

 

そんな折参加してきたのが釧路総合振興局が主催したイベント「くしろ安心住まいフェア」だ。木のプールやペーパークラフトがありますよと言われていたので、息子を連れていっても大丈夫かなと思ったら、実際は予想以上に子ども連れが多く、体験コーナーも大盛況だった。

ちょっと大きい子向けにはトンカチ広場があり好きなものが作れるようになっていたが、さすがに3歳児にはレベルが高すぎる。その横には「レーザー機械を駆使しました」という家づくりのコーナーがあり、こちらはキットをボンドでくっつけていくだけ。しかも、高い精度でパン工場に近いものが作れそうだ!と意気込んで体験してきた。屋根を赤く塗って、窓を張りつけて…最初はなるべく子どもにやらせていたのに、煙突まで赤く塗ろうとした息子に「煙突は青い方がいいな」「ドアはここの方がパン工場っぽいよ」と大人の方が細部に凝り始めて、結局は私が作ったような家が完成した。めいけんチーズに見立てた犬のモチーフをくっつけて息子も満足そうにしたのでよかったことにしている。
今回の木工体験は無料で行えたが、キットづくりなどの準備には時間も費用もかかっただろうなあと思う。その分、出来栄えもかっこよくて大人も満足して帰ってきたのだった。

釧路総合振興局
根井三貴