次へ次へ
根井さんの「もくいく育児日記」23
根井さんの「もくいく育児日記」22

「木育」が卒業論文のテーマに
なりました!

前へ
 

 


 

 

根井さんの「もくいく育児日記」23 〜箸に挑戦

息子のスプーン、フォークの使い方が上達してきて、今度は私たちが使っている箸に興味を示すようになった。箸の使い方を教える立場になって、改めて自分の箸使いを反省しているが、変な癖がついたまま年を重ねてしまうと、なかなか直せないものである。「最初に正しい箸の持ち方を覚えるのが肝心」と保育園からのお便りにも書いてあった。

子ども用品を扱うお店では短い箸も売っていたりするが、うちでは写真の「めんこい箸」を持たせてみた。北見市留辺蘂にあるホクト製箸さんは、その名の通り箸を作っているところだが、木材へのプリント技術もあり、短い箸にかわいいプリントがされている「めんこい箸」という製品がある。

 

小さな手にちょうどいいサイズであり、飾っておくだけではもったいないので、「はし〜」と言われた時の練習用に使っている。箸を使うのはまだまだ難しいようだが、「これは自分のための箸」という特別感があるよう。「できない」としゅんとして投げ出すこともあるが、がんばって箸を動かしておかずをつかめたら「取れたよー!」と見せてくれる。日々、成長する生活に寄り添う道具たち。たかが割り箸でも捨てられなくて困りそうだ。

釧路総合振興局
根井三貴