木育イベント 「木で作ろう!」
コーザン流木育プロジェクト
木のグランドフェア 前へ
 
 

 

木育イベント 「木で作ろう!」

5月3日〜5日 ゴールデンウィークの3日間、イオン札幌発寒ショッピングセンターで木育をテーマとするイベントを行いました。
特設のクラフトコーナーでは、1時間おきに「木のマグネット作り」と「小枝のキーホールダー作り」。木のマグネットはミズナラとエゾマツを紙ヤスリで仕上げ、キーホールダーはクラフトナイフで枝を削ります。実際の木の枝や葉を見ながら、木の種類によって香りや堅さ、手触りなどが違うことを感じて、もの作りを楽しんでもらうことが木育の趣旨です。
また自由参加コーナーでは、母の日のプレゼント用に木の板に絵や言葉を描く「お絵か木」、葉っぱや年輪の模様を紙にこすって描く「写し絵」などで、身近な自然を感じながら木と触れあう場となりました。

「木のマグネット作り」
最初は木の重さの違いを感じてもらいます。

木片に紙ヤスリをかけて仕上げます。木の堅さや香りの違いを実感!

3日間の参加者は述べ600人。午前、午後と2度来てくれた子もいました。
体験後の感想としては「シラカバの枝を削ったにおいは初めての香り」とか、「エゾマツは新しい家のにおい」、「ミズナラの木は、こんなに堅いから家具に使われるんだ!」など。今まではひとくくりの木でしかなかったものが、シラカバやエゾマツ、ミズナラという名前を持つそれぞれの木になったようです。
これからもより多くの人が、木に興味をもてるような機会を提供していきたいと思います。

「木の楽器コンサート」の演奏風景

5月4日「木の楽器コンサート」では、ブルーレイバンのみなさんに、ラブフルート(インディアンのたて笛)、オーストラリアの民族楽器ディジュドゥなどで素敵な演奏していただきました。ブルーレイバンの小野さんは恵庭市でラブフルートを作る工房をされています。http://www1.ocn.ne.jp/~raven444/(ブルーレイバン・クリエーションのホームページ)
イオンに来店した方には、優しくリズミカルな木の音でリフレッシュしていただけたでしょう。

◆今回のイベントは「北海道子連れプロジェクト」企画主催、「加藤京子木育研究室」実施共催、木育ファミリー協力で実施しました。