木育リビング
君の椅子プロジェクト
北大ポプラプロジェクト  
 

 

 

木育リビング

2005年11月22日(火)、23日(水)の両日、木育ファミリーが中心となって「木育リビング」を開催しました。

「木育体感講座」
ルーペで木材を観察したり年輪を数えたりして、木と親しくなる試みです。

「木育リビング」は、私たちが提案したい“住まいでのくつろぎ”や“木育ライフ”を、リビング(居間)に見立てた空間で体感しようという取組です。
リビングの主役は、2004年の台風18号で倒木した北海道大学のポプラ並木の厚い板で製作した“ビッグ・テーブル”です。これを囲んで6講座を実施しました。

木の生命やぬくもりを感じる「木育体感講座」、女性建築家による「子どもを育む住まいづくり講座」、ブルーレイバンによる「ラブフルート演奏」(北海道産のいろいろな材を使った気の笛)、世界一伸びる紙「ウェイビー・ウェイビー」のサンタクロース製作、薄い木の板や紙のような経木にマーカーで絵を描く「お絵か木」、「ペレットストーブ説明会」など、入場者は2日間で200人以上と大盛況でした。

“木や森が結ぶ木育のつながり”は、まだまだ広がりそうです。

ポプラのリビングテーブルを囲んで、女性建築家による「子どもを育む住まいづくり講座」



詳しくはKEM工房のホームページへ
http://www.h3.dion.ne.jp/~kem/2005news8-12.htm