木育体験会「MYスプーン作り」  
木育講座「宮本英樹の世界」
全国植樹祭 前へ
 

 

 

木育体験会「MYスプーン作り」

6月の総会に話が出て「ぜひやってみたい!」との声が多かった「MYスプーンづくり」がついに実現しました。木で作るシリーズの第一弾です。
木育ファミリー会員の橋本さんがMYスプーン用素材を作ってくださったので、木工教材としてのテストも兼ねて企画しました。

 

最初はスプーンの材料選びです。北海道産のトドマツ材(針葉樹)、カラマツ材(針葉樹)とアメリカ産のナラ材(広葉樹)、3種類の半加工スプーンを用意しました。ナラ材は床用フローリングを製造する時に余った端材を利用しています。8人の参加者はトドマツやカラマツを選んだ人が多く、堅いナラ材を選んだ人は一人だけでした。
各自が気に入った木目の素材を選んだら、次は彫刻刀や切り出しナイフの出番です。持ち手の部分を細くしたり、角を落としたり、皿の部分を薄く削ったりし始めました。ひさし振りに木を削る人が多く、その作業をとても楽しんでいるようでした。最初はぎこちなく刃物を使っていた人もだんだん慣れてきて、こだわりのスプーンを作ろうと夢中です。6歳の男の子も橋本さんの指導で、なんとか自分のスプーンを完成させることができました。
2時間では少し時間が短めでしたが、食用油を塗って(植物性オイル仕上げ)MYスプーンの出来上がり!

 

左より
・MYスプーン素材(カラマツ/半加工品)
・惜しくも折れてしまったKさんのスプーン(トドマツ)
・持ち手にこだわったHさんのスプーン(トドマツ)
・平らに仕上げたKさんのスプーン(カラマツ)
・堅い材に挑戦したNさんのスプーン(ナラ)

その後ランチを食べに行き、デザートには自分のスプーンを使いました。作ったばかりのものを使うのは少し勇気がいるのですが、一口食べて「おいしい!」との声。

 

今回使ったMYスプーン教材は、まだ素材や形などに改善する点はありますが、これからの木工体験用素材としては大きな可能性があると感じました。
自分の手で作った木の生活用品を、丁寧に楽しんで使うのが木育スタイルです。

日時:2007年9月8日 10:00-12:00
場所:札幌市市民活動促進センター 
参加者:8人(保育園児1人)
参加費:木育ファミリー会員(300円)会員以外(500円)